【就活】大手企業とベンチャー企業の違いとは?徹底比較!

f:id:ritsublog:20190924232943j:plain

多くの人が就活の際に必ず耳にする、大手企業とベンチャー企業

そんな大手企業とベンチャー企業ですが、違いは何なのでしょうか?

今回は、大手企業とベンチャー企業の違いについて詳しく紹介しようと思います☆

 

 

 

 

1. 大手企業とベンチャー企業の特徴

f:id:ritsublog:20190924232947j:plain

まず初めに、大手企業とベンチャー企業特徴についてご紹介していきます。

 

  • 大手企業

大手企業とは、中小企業の基準を超えている企業のことを指します。

ざっくりいうと、資本金の総額が3億円を超え、従業員の人数が300人を超えている企業が大手企業にあたります。

資本金とは、会社を設立するためのお金です。

当然、お金をかけて設立された企業は大きそうですよね(笑)

 

ベンチャー企業とは、革新的な技術を基にして様々なサービスを提供する企業。

規模としては小規模から中規模の企業が多いです。

大手企業と違って、規模で表現しているのもベンチャー企業には基準がないためです。

 

ん?よくわからないな、という人も多いはず。

 

実際、大手企業とベンチャー企業曖昧な部分が多いのです(笑)

皆さんが知っている企業も、大手企業ではなく自称ベンチャー企業と名乗っている企業も多数あります。

逆も然りです。

ベンチャー企業のはずなのに、行っている事業が大きく知名度が高い場合、世間からは大手企業のレッテルを貼られます。

 

このように、大手企業とベンチャー企業はその企業が独自に定めることが出来るのです。

1つ例を挙げてみましょう。

 

Abem TVやアメーバブログなどを運営している、サイバーエージェントという企業があります。

この企業は、資本金も売上げもかなり高く、従業員も1000人以上います。

しかし、この企業はベンチャー企業と名乗っています。

色々な要素を鑑みても大手企業のはずです。

では、なぜこの企業はベンチャー企業と名乗っているのでしょうか?

 

先程も記述した通り、大手企業とベンチャー企業の基準は曖昧です。

そして、曖昧であるが故に、企業はどんな名乗り方をしても良いのです。

サイバーエージェントはそのルールを逆手に取り、ベンチャー企業と名乗っているのです。

 

サイバーエージェントは今でこそ大きな企業になりましたが、設立当初は生粋のベンチャー企業でした。

そして、その時のマインドを忘れないように、今でもベンチャー企業と名乗っているのです。

もし、大手企業と名乗っていたら、上下関係が厳しく意見の言い合えない企業になっていたかもしれません。

しかし、サイバーエージェントのように、ベンチャーマインドを未だに取り入れていることで、誰でも企業を成長させることが出来る場を社員に提供していることが分かります。

 

このように、企業は大手企業やベンチャー企業の名を使い分け、自社の利益になるようにしています。

 

 

2. 大手企業とベンチャー企業の働き方の違い

f:id:ritsublog:20190924232940j:plain

続いて、大手企業とベンチャー企業働き方の違いについてご紹介します。

大手企業とベンチャー企業では働き方が大きくことなると言われています。

 

  • 大手企業

大手企業はトップダウン型の働き方と言われています。

トップダウン型の働き方とは、企業の上層部が決定したことを指示通りにこなしていくという働き方です。

比較的、上下がはっきりとしているのが特徴。

 

トップダウン型の働き方のメリットは、意思決定が早いという点です。

企業は常に意思決定が求められます。

トップダウン型の働き方だと、上層部が意思決定を行うので、スピード感をもって意思決定が可能になります。

スピード感が求められるビジネスにおいて、最大のメリットかもしれません。

 

トップダウン型のデメリットは、指示待ち人間が増えるという点です。

企業の上層部が意思決定を行うトップダウン型の働き方は、指示待ちの人間が増えてしまう傾向があります。

中々、自分から意見をすることは難しく、意見をしても取り入れられる可能性は低いでしょう。

そのため、意見を言う人は少なくなり、指示待ち状態となりやすいのです。

 

ベンチャー企業全員で進めていくという働き方が主流です。

 

メリットは、誰でも意見が言いやすく、その意見が通りやすいという点です。

ベンチャー企業は誰が意思決定を行うかを決めていません。

そのため、みんなで意見を出し合い、より良い正解を導くことが出来るのです。

 

デメリットは、意思決定が遅くなるという点です。

誰でも意見を言いやすいのがベンチャー企業のメリットですが、そのせいで意思決定に時間がかかってしまいます。

また、意思決定にも基準がないため、ズルズルと時間が過ぎてしまうことも頻繁にあります。

 

このように、大手企業とベンチャー企業にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

 

 

おわりに

f:id:ritsublog:20190924233135j:plain

いかがだったでしょうか?

大手企業とベンチャー企業にはそれぞれのメリット、デメリットがあります。

就活の際にはしっかりと調べ、自分に合う企業を見つけてみてください☆

 

この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。