【読書】ハッタリの流儀!!ホリエモンが伝えたいメッセージとは?

こんにちは!

 

Ritsu Blogの律です😎

 

 

www.ritsublog.work

 

こちら、1本目のブログになります。

是非、読んでいただけると嬉しいです!!

 

 

 

 

こちらはTwitterになります。

いいね、リツイートしていただけるととても嬉しいです😊

Twitterでは、就活、筋トレ、読書などなど様々な情報を発信しています!

 

 

というわけで、本題に入ります。

 

 

今回は、ホリエモンこと堀江貴文さんの本、

f:id:ritsublog:20190916145034j:plain



「ハッタリの流儀」について書いていこうと思います!!

 

ビジネス界の異端児、ホリエモンこと堀江貴文さん。

恐らく知らない人はあまりいないのではないでしょうか?

今回はそんな堀江さんの本、「ハッタリの流儀」とはどんな本なのか、部分的に解説していこうと思います。

 

 

 

 

1. 労働はオワコン

f:id:ritsublog:20190916214742j:plain

堀江さんは「労働はオワコンである」と書き記していました。

さすがホリエモンといった感じですよね(笑)

初っ端からなかなかぶっ飛んでいます🤣

 

従来の働き方は、人から仕事を与えられ、「やらされる仕事」としての働き方が主流でした。

しかし、この世の中、そのような働き方では、やがて仕事がなくなっていくと堀江さんは語っています。

これからは「やらされる仕事」ではなく、「自発的に動くこと」が重要視されていくようです。

また、同時に「楽しいこと」「自分の好きなこと」を仕事にできる時代であるともいています。

 

考えてみてください。

最近では、Youtuberブロガーなどなど、好きなことを仕事にしている人はたくさんいます。

このように、楽しいこと、自分の好きなことを仕事にできる時代なのかもしれません😊

 

 

2. ボケの時代

f:id:ritsublog:20190916214754j:plain

これからの世の中、「損得を考えないボケが応援される」と堀江さんは語っています。

例として、スライムを作って億万長者になった、など。

昔では考えられない話ですよね(笑)

 

損得を考えずに、自分の好きなことをひたすらやっているだけでお金が入ってくる世の中になりました。

これは誰にだってチャンスがある話です。

自分の好きなことを極めに極めた結果、そこにファンがつくといった感じです。

自分の好きなことでお金が入るなんて最高ですよね(笑)

 

しかし、ここに損得感情が入ってしまうとファンはつきません。

一生懸命、必死に、楽しそうにやっている姿にファンは惹かれていきます。

必死にボケて、ファンを持つことがこれからの世の中で価値を生み出していくようです。

 

共感を生み出すことが大事だと堀江さんは語っています。

SNSでフォロワーが多い人は、フォロワーから共感を得て数を増やしています。

そして、このフォロワーの数はお金に直結するのが現在の世の中です。

 

 

3. ハッタリをかますことのメリット

f:id:ritsublog:20190916214748j:plain

まず、第一になぜハッタリかます必要があるのでしょうか?

堀江さんはこのように語っています。

 

「ハッタリをかます人には人々の注目が集まる。その注目がとても重要。」

 

この例に、ZOZOTOWNの前澤前社長を想像してみてください。

前澤さんは以前、宇宙に行くと公言しましたよね。

この発言をしてからというもの、前澤さんの知名度は爆上がり。

時の人となりました。

 

このように、誰もがやらないようなことをハッタリとして掲げるのです。

そして、注目を集め、価値が生まれていきます。

 

そして、大事なのがこの後です。

ハッタリをかますだけではただのほら吹きになります😢

なので、死に物狂いで帳尻を合わせに行くことが肝心。

 

考えてみてください。

誰もが一度は経験したことがあるはずです。

会社や学校で、「明日までにこの資料仕上げてくれ」、「この宿題は明日まで」と言われ、無理だと分かっていながら「分かりました!」と言ったことを。

これも、ハッタリの1つです。

 

しかし、皆さんは無理と思いながらも必死に帳尻合わせをするはずです。

そして、無理だと思っていたことも案外できてしまうと感じたことも。

これが、ハッタリのとても良いところです。

ハッタリをかまして注目を集め、必死で帳尻を合わせる。

成功して褒められ、自分の最大限の力を発揮したことで、更なる成長にもつながります。

 

そして、ハッタリをかましてから帳尻を合わせる過程を発信することで、ファンを生み出します。

人が一生懸命に何かに取り組むさまは、人を惹きつける力があるのです👍

皆さんも何かに一生懸命取り組んでいる人はついつい応援したくなりますよね!

 

このようにハッタリをかますことはメリットだらけなんです!

 

 

おわりに

いかがだったでしょうか。

今回は「ハッタリの流儀」の一部をご紹介しました。

私はこの本を読んだとき、驚きの連発だったことを今でも覚えています(笑)

常に最先端を行く堀江さんならではの考えが散りばめられていて、とても面白かったです。

とても面白く、ためになる内容盛りだくさんなので読んでみてください!